西オーストラリアWestern Australia

西オーストラリア州の首都パースは、素晴らしい気候に恵まれ、140カ国からの留学生がバランス良く集まり学ぶ、 オーストラリアの穴場の留学先として注目度No.1の街です。


学術都市メルボルンは世界ランク上位の大学

留学生に優しい街 パース

西オーストラリア州は日本のおよそ 7 倍もの大きさを誇る国内最大の州。州都のパースは世界のビジネスの拠点となる東南アジアから最も近い、オーストラリアの玄関口の街として知られています。近年のパースでは様々な再開発が進んでおり、中でも街の中心部スワンリバーの再開発事業を軸に、街は活気に満ち溢れています。西オーストラリア州は資源産業の恩恵を受け国内で最も経済成長を遂げている州であり年々発展を続けています。この経済発展により、さらに豊かで国際色豊かな街づくりがなされ、留学生にも留学生活に多数の恩恵がもたらしています。

留学費用を年間約7万円〜 8万円節約

パースはコンパクトな街の中に電車やバス、フェリーなどの公共交通機関が昨日的に整備されているためどこに行くのも大変便利です。共通カードのスマートライダー1枚で全公共交通機関の乗り降りが自由です。留学生は学生用スマートライダーが利用でき、現地の学生と同様の4割引の料金で利用可能です。これに加え学生の」集まる主要の街では CATよよばれる無料の巡回バスが走ります。継続して必要になる交通費は、意外と留学生活の中で大きなシェアを占めています。これらの学割と無料バスの利用で、年間A$800-A$1,000の節約が可能です。

ビクトリア州政府

アルバイトで英語力もコミュニケーション力も UP

西オーストラリア州は世界的な影響力を持つ資源産業を柱に経済成長を遂げている州。留学生が得られる最大の恩恵であるアルバイトの平均時給はA$19.70と日本に比べて時給も非常に高いのが特徴。生活費の足しにしながら、同時に国際的な環境で働き、英語力の向上や異文化への理解度を高められるメリットがあります。

家族で留学? 扶養家族の学費は州が負担します

西オーストラリア州政府は、マスターコースや PhDコースで学ぶ留学 生の扶養家族の学費を無料にしており、これはオーストラリア国内ては西 オーストラリア州だけです。これらのコースに通う留学生の12年生(日本の高校3年生)までの扶養家族が公立校に入学する場合、学費は州政府が負担しします。


クイーンズランド

Queensland
クイーンズランド

View more
西オーストラリア

Western Australia
西オーストラリア

View more
ビクトリア

Victoria
ビクトリア

View more
ニューサウスウェールズ

New South
Wales
ニューサウス
ウェールズ

View more

事前登録受付は終了しました。