カレッジ留学Vocational Education and Training

オーストラリアのカレッジ

教育の特徴

  • オーストラリアのカレッジ(専門職教育訓練機関)では、職業に直結した知識やスキルを集中的に身に着けるためのカリキュラムが組まれており、各産業界と密接に連携をとりながらコースやトレーニングを提供しています。
  • オーストラリアのカレッジは総称してVET(Vocational Education and Training)と呼ばれており、大きく分けて下記の2種類に分かれます。
    1. TAFE(テイフ):公立のカレッジ
    2. 私立のカレッジ
  • VETで学ぶ最大の強みは、短期間 (半年~)で資格やスキルが取得できるところです。高校や大学を卒業したての学生だけでなく、すでに就業経験のある社会人が改めて自らのスキルアップを目指して留学するケースも多くみられます。学生の8割は20歳以上であり、40歳以上の学生が3割を占めています。
  • VETが提供するコースは人気のビジネス、IT、工学、メディア等を始め、アート&デザイン、ファッション、スポーツ、調理、航空、ナチュラルセラピー、アニマルテクノロジーなど豊富です。
  • 観光大国といわれるオーストラリアでは特にツーリズム(観光)やホスピタリティ、ホテルマネジメント等のコースが人気。実際に一流ホテルでインターンシップが経験できるプログラムも多いです。

取得できる学位・資格

各機関により提供できる学位は異なりますが、オーストラリアのカレッジでは最短4か月程度で取得できる資格から修士号まで取得可能です。

学位・資格 期間(目安) 内容
Certificate Ⅰ 4ヶ月~6ヶ月 日本の高校レベルの初歩的な資格。
Certificate Ⅱ 6ヶ月~8ヶ月
Certificate Ⅲ 約1年 日本の高校レベルで、専門性を身につける資格。
Certificate Ⅳ 1年~1年半
Diploma 1年~1年半 日本の大学レベルで、学士に次ぐ資格。
Advanced Diploma 2年~3年
Bachelor Degree(学士号) 3年〜 日本の4年制大学卒業に相当する基本学位。期間はカレッジやコースによって異なる。
Vocational Graduate Certificate 半年 日本の大学院レベルの資格。アドバンス・ディプロマや学士号などの特定の学歴と職歴を持っていることが入学条件。
Vocational Graduate Diploma 1年
Masters Degree(修士号) 通常1年〜2年 リサーチまたはコースワークにより専門性を深く追求する。

どれくらいの費用が必要?

カレッジの種類(私立/公立)やコース内容によって異なりますが、目安はA$12,000~A$22,000(1年間)です。

留学のための英語力は必要?

大学進学と比べ比較的英語要件が緩やかなことがVETの魅力の一つです。大学学部進学には一般的にIELTS6.0~6.5以上が必要ですが、VETの場合IELTS5.5以上あれば留学ができる場合はほとんどです(※コースにより必要な英語力は異なります)。

申請方法

各学校のアドミッションオフィスを通して申請をします。オーストラリアはペーパーレス社会のため、オンラインで直接出願手続きができる場合がほとんどです。また自身で出願することに不安を感じる場合は、各学校が正式提携している留学エージェントに代行手続きを依頼することも可能です。

ビザについて

3か月以上の留学をする場合は、学生ビザ(サブクラス500)の取得が必要です。ワーキングホリデービザを所持している場合は、4か月未満の就学が可能です。

住環境について

ホームステイやシェアアパートメントなど、様々な滞在方法があります。キャンパス内にAccommodation Officeを設けている学校も多く、留学生が安心して滞在するためのサポートを提供しています。

事前登録

事前登録受付は停止中です。

今すぐ登録して、当日スムーズに入場しよう!

インスタ投稿でオーストラリア政府オリジナルグッズをプレゼント!
アンケート回答者にも素敵なプレゼントをご用意しています!(限定数・先着順)

現時点でのあなたの留学計画について教えてください。

何を見て当フェアを知りましたか?



個人情報は、オーストラリア大使館商務部・在大阪オーストラリア総領事館及びオーストラリア貿易投資促進庁によって管理され、イベントや関連情報をご提供する目的のみに使わせていただきます。個人情報を、御本人の同意なく外部組織もしくは第三者に提供することはございません。